動画レッスン教材のご購入について

ぴあの屋ドットコムのネットショップで、動画画像(画像はMP4データ)をダウンロードすれば、序巻から第3巻までお好きな時に何度でもご自由にご覧いただけ、ご自身でお試しいただけます。

石田綾講師 バッハの「メヌエット」を使ったレッスン(初級~上級)
バッハのメヌエットをコードを3つだけで弾く初級編から柔らかくおしゃれな響きをプラスしていく中級編、上級編講座です。聴き込んでステップアップしてください♪

パッフェルベルの「カノン」を使ったレッスン
初めは指1本から。きれいなハーモニーを楽しみながら進められるレッスン♪
●序巻 (3:45) ●1巻(15:39) ●2巻 (11:57) ●3巻 (11:42)
コード弾きをはじめよう(3:45)
コードネーム奏法振興会の代表の石山が、動画と音声で「コードネーム奏法」をご教授します。
きっちりとしたカリキュラムの中での演奏指導は、やはり専門の先生方の指導が必要で
す。でも「もっと気楽にピアノを楽しみたい!」「練習嫌いな生徒にも、気軽にピアノに
興味を持って欲しい」こんなご希望には、『コードネーム奏法』がピッタリとはまります。
パッフェルベルの「カノン」を使ったレッスン ダウンロード版(15:39)
ギターのように、コードネーム記号だけ見て簡単に伴奏を付けて弾いてみたいあなた!このパターンで練習すれば大丈夫!
楽譜も読めない超初心者だって、この基本さえ覚えれば何とかなります。
マイナーとかセブンスとかややこしい記号は後回しにして、ベース音がわかればとにかく曲に聞こえるのです。この第1巻では、その一番始めの大切な導入部分を語っています。
パッフェルベルの「カノン」を使ったレッスン ダウンロード版(11:57)
コードといえば和音、その和音も順番に全部覚えるのではなく、その曲に出てくるコードさえ覚えればいいのです。それもよく使うコードから。
この曲に出てくるコードがわかれば、ハ長調の曲ならほとんど大丈夫。
初心者でもまったく問題なく弾けるようになります。
和音の分散からベダルの奏法まで核心部分をすべて語ります。
第3巻 パッフェルベルの「カノン」を使ったレッスン ダウンロード版(11:42)
カノンコードを使った名曲がたくさんあります。コードを弾きながら歌うことを「弾き語り」といいます。さらにベース音に変化をつけるオンコード奏法を加えれば気分はミュージシャン!
コードを利用して自分で歌うのも一つ。即興で弾き語りができるとピアノがさらに楽しくなりますね。初心者のうちから全部覚える必要はありませんが、ベース音に変化をつけるオンコード奏法や、基本の3和音にもう1つ2つ音を加えることで、もっと色彩豊かな響きを実現することができます。その一部をご紹介いたします。